So-net無料ブログ作成

山を歩いて大自然を両手で掴もう [山歩き]

ずっと山歩きがしたい

分かるなあ、その気持ち

先日、スキーのことを書いたがあと一月もすれば日差しも光も風も

少し骨盤が緩んでくる季節、、待ち遠しいなあ

春の声が聞こえてくるとなんとなく気持ちも緩む、腹も緩む、、

バイク好きの僕にはツーリングなのだが陽を浴びながら走るあの香りは清々しいものを感じる。

魚も鳥も虫も、伸びをするように一斉に飛び出してくる気配がもうそこまで来ている。

春の渓流
pakutaso-4476_TP_V1.jpg
雪解けの切れるように痛い流れから少し柔らかな陽だまりに緩んだ白泡、、、

『フライに行きたい、、、』

『山を歩きたい』

ラディウス持ってコーヒーを沸かしに行きたい。

今から春まで待てないくらいにそわそわしている。

渓流歩きも山歩きももう以前のようには歩けないかもしれないなどと不安がないわけではないが、

渓流ではウエダー履いて流れの中を逆らって歩いたりしなければならないがちょっとした事ですってんころりんなんてことも無くはない。

山歩きでは登りはきついけれどむしろ下りが怖い。
NIS20181201014_TP_V1.jpg
『行きはヨイヨイ帰りは怖い』まさにこの言葉が当てはまる。

渓流歩きや山登りは足腰の力がかなり必要だ。

川の流れを遡るとき流れに逆らうわけだから足をすくわれたり滑ったりする。

山登りもそうだ。

上りより下りの方が全身の体重を足が全てささえなければならない。

やっぱり必要なのは脚力

脚力があれば少しくらいグッと踏ん張れるはずだ。

やはり運動で鍛えることが必要。

毎日少しでも歩いて筋肉を鍛えましょう。

歩くのが高齢者には一番いい。

色々な雑誌でも紹介されている。

天才たちも実践している「歩く術」

このページはかなり参考になるので実践してみよう。


病気の9割は歩くだけで治る! ~歩行が人生を変える29の理由~ 簡単、無料で医者いらず

病気の9割は歩くだけで治る! ~歩行が人生を変える29の理由~ 簡単、無料で医者いらず

  • 作者: 長尾 和宏
  • 出版社/メーカー: 山と渓谷社
  • 発売日: 2015/11/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:山歩き 渓流
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント